第30代 会長

金武 峰之


アクサ生命保険㈱

令和2年度
各務原YEGスローガン

温故知新

会長所信

 

「故(ふる)きを温(たず)ね新らしきを知る。
その言葉とは「故きを温ねて新しきを知れば、以って師と為る可し」(ふるきをたずねて あたらしきをしれば、もってしとたるべし)と読みます。意味は、「古くからの伝えを大切にして新しい知識を得て行くことができれば、人を教える師となることができるでしょう」となります。
我々青年部員はそれぞれが経営者であり、自企業の発展が最大の使命です。人(従業員)を教える師とならなければいけません。


企業や組織が起こす革命には「動」と「静」があります。
「動」とは画期的な発明や新商品、今までにない取り組み。各務原YEGでは、カレー祭・東海ブロック大会・全国大会・各務原まつり・・・など、これまで多くの「動」を体験してきました。
「静」とは静寂。世の中を騒がせずとも静かに日常に溶け込み、静かに社会を動かすこと。メンバー一人ひとりの立場になって細かい改善をおこない、真に有益な事業を行い、着実に自企業の成長を促す。少々地味に感じるかもしれませんが、青年部のための青年部活動ではなく、自企業のための青年部活動を展開したいと考えます。
多くの大会・イベントで培った団結・連帯の力を原動力に、これから「ビジネス」を通じて新しい文化を作っていくために…。過去をたずね求めて新しい事柄を知る意から「温故知新」をスローガンに掲げ、青年部活動を通じて次の3つの力を育んでまいります。


1つ目は、「未来を予測する力」
地域経済社会の発展のために、ひいては、社会の人々を幸福にするために、将来どういう問題をビジネスの力で解決すればよいか…。これを想像して、自分で答えを導き出す力です。
2つ目は、「自己変革力」
社会の状況が激しく変化、そのスピードが加速する中で、自企業や自らが変化に柔軟に対応していくための力です。
3つ目は、「行動力」
自企業を高め、導いていく者として、行動の先にしか成功はありません。


私の青年部歴はそれほど長いものではありませんが、私なりの知識と経験を以って、メンバーを導いて参ります。
過去の経験や知識を活かし、「ビジネスの力」でこの国の未来を創っていきましょう。

事業方針

  • 前年度提言委員会からの提言に基づき、YEG長期ビジョン策定のための取り組みをおこないます。
  • 青年部のための青年部活動ではなく、自企業や部員のための青年部活動を行うため、事業のより一層の充実と空登録等を廃止します。
  • 商工会議所活動の一翼を担うため、親会との連携をより一層強化して参ります。
  • 緊急事態に備え、YEGとして何ができるのかを皆で考え、形にします。

たった一度きりの人生を、明るく楽しく元気よく!
過去でもなく未来でもない「今」を笑って生きていきましょう。
そうすることが素晴らしい各務原市を創っていくと信じます。